f:id:tweetbot:20171127174323p:plain 先日、モナコイン(monacoin)をガッツリ買ったので何に期待しているのか書きたいと思います。 まず、世界中で仮想通貨への資金流入が増大しており、2018年に向けてさらに大きなマーケットになろうとしています。 日本人の資金力は世界トップクラスです。 そんな日本人がとっつきやすいのは日本の取引所であり 、既に知名度の高いモナコインを買うという大きな流れができつつある・・・というのが個人的な予想です。 そしていずれ 「ビットコインは高すぎる・・・」 となり、他のコインを物色しだす時期が来ます。ちょうどアルトコインが暴騰した2017年5月の相場がくるのではないでしょうか。

モナコインのテクニカル面は良好っぽい

f:id:tweetbot:20171127163110p:plain
いい形してる
モナコインは現時点で約550円をキープし、仮想通貨の時価総額ランキングで33位をマークしています。 数日の上昇で、チャート的にも上昇トレンドへ突入しています。 ちなみにテクニカル(チャートの形など)な内容は以下のブログが参考になりますよ。 cryptocurrency-nira.hatenablog.com 仮想通貨のイケイケムードで、どれだけ値を伸ばせるか注目です。

高値728円を超えられるか?

個人的に10/14につけた最高値の728円を超えられるか?が焦点だと思っています。 そこを超えたら次に意識される「1,000円」これを十分狙える射程圏に入ります。 ※もちろんモナコイン以外にも日本人が買いやすいコインは多いので、思惑通り行くかは分かりませんけどね。

個人的な売買基準

今回買ったモナコインはガチホールドではなくトレードとして考えています。 もし買った値段の2倍を達することができれば半分売却し残りをガチホに回そうという算段です。

モナコイン(Monacoin)の長期的に期待できる部分

f:id:tweetbot:20171127174323p:plain 今回モナコインを買うにあたって色々調べた結果、かなりポテンシャルが高いコインだなーというのがわかりました。 「自分がモナコイン持ってるからそう言うんだろ?」 と思われますよね(笑) もちろんポジショントーク的な意図もありますが、モナコインの何が期待できそうなのか書いていきますので参考にしてみてください(๑•̀ㅂ•́)و✧

ネットワーク効果

まずモナコインは既に決済方法として流通し始めていることが1番の魅力です。 実際に以下のサイトではモナコイン支払いができます。 monappy.jp モナコインで米まで買えますからね。 モナ玄米(ひとめぼれ新米の玄米) - Payment | Monappy まだまだ出品されている数は少ないものの、今後話題になりモナコイン決済が広まるのも時間の問題かなという印象です。 またクリエイティブ系の仕事(絵を書くなど)をしている人への報酬へモナコインが使われるなど、通貨として一定の信用を築くことができています。 またTwitterではtipmonaというモナコインをチップとして相手に送ることができる機能が開発されています。 これを使うのにTwitterアカウントしかいらないというのがポイントです。 モナコインちゃんbot (@tipmona) | Twitter monappy.jpモナコインをもっと知ってほしい」 そういう人たちがモナコインをチップとして送ることで、受け取った側も関心を持つ。 こうしてモナコインの経済圏が広まっていく効果があります。 こういった実際にモナコインが使われるというのは非常に重要で利用するユーザー人口の増加とコイン価格の上昇は関連付するからです。 実際にビットコイン価格にもそのネットワーク効果は出ており、メトカーフ法則というのが有名です。 詳しくは以下の記事を。 www.bitcoin-trade.info

機能開発が盛んなモナコイン

f:id:tweetbot:20171112100721p:plain またモナコインは機能スペックも高いです。 最近ではMonaparty(モナパーティ)というカウンターパーティープラットフォームがリリースされました。 簡単に言うと、モナコインのプラットフォームで自分のオリジナルコインが発行できるようになります。 例えば自分が発行したオリジナルコインを100枚持っている人にブログを見せる、などそういった取り組みができるようになります。 monappy.jp またこうして発行したオリジナルコイン(トークン)を売買するDEX(分散型取引所)も今後発展していく予定です。
そして Monaparty には、分散取引所 (DEX) があります。 承認間隔 90 秒より短い速度の取引は今のところできませんので、現在主流の板張り付きデイトレードの方々には不満が大きいことでしょう。 しかしトランザクション性能に関しては、Lightning Network 対応など進むことにより、ある程度の解決はしてしまうかもしれません。 引用元:Monaparty トークンと上場 (part 3/2)|cryptcoin_junkey|note
また、明確な時期は名言されていないものの、モナコインにはスマートコントラクトの実装も計画されているようです。 細かい機能を色々解説しましたが、ようは「ビットコインやイーサリアムという仮想通貨の超巨大通貨に引けをとらない機能スペックがモナコインにはある」ということです。

モナコインを扱う取引所の拡大

あと短期的にモナコインの価格に影響しやすいのが取引所への上場です。 現在モナコインはBittrexという海外取引所にしか扱われていません。 冒頭に書いたようにモナコインは既に時価総額30位クラスの通貨ですので、海外の大手取引所に上場することは十分考えられます。 以下の図をみてください。 モナコインのシェアは日本のZaifが68%を占めてます。 f:id:tweetbot:20171127183222j:plain 海外の主要な取引所へ上場し資金が入ってくれば価格は自然と上昇していくはずです。 逆に海外へのアピールができないと伸びしろが厳しいともいえますが 仮に海外大手取引所への上場がかなわなかったとしても、国内取引所のbitFlyerがいます。 恐らく彼らが海外進出したときにもモナコインは扱われるでしょう。 techwave.jp bitFlyerをきっかけに世界中でモナコイン売買が広がる可能性は十分にあります。

まとめ

モナコインを買った理由と期待しているポイントを紹介しました。 まとめると以下の内容になります。
  • チャート的に上昇トレンド入りした可能性が高い
  • 実際にモナコイン決済をしているコミュニティがある(ネットワーク効果)
  • 機能としてのポテンシャルが非常に高い
  • 大手取引所への上場をすればモナコインへの資金流通が見込める
モナコインを保有しているぼくの話なのでだいぶ楽観的な内容になっていると思います。(笑) しかし既に仮想通貨の時価総額30位と主力クラスであること、今後仮想通貨が更に盛り上がり、日本人が仮想通貨に投資するとき買いやすいものは何か?と考えるとモナコインは有望株というのは事実でしょう(๑•̀ㅂ•́)و✧ 以上「モナコイン(Monacoin)を買った理由と、今後の期待できるポイント」でした。 この記事を読んでモナコインを買ってみたいという方はどの取引所で買うのがオススメか?というのを書いてますので読んでみてください。

モナコインのベストな買い方は?どこで買うべき?

f:id:tweetbot:20171128105547p:plain
モナー( ´∀`)
さてモナコインを買うのならどこでどのように買うのが良いのでしょうか? 結論からいうと取引所はZaif(ザイフ)がおすすめです。 その理由は以下の画像で一目瞭然、同じモナコインなのにこれだけの価格差があるからです。
f:id:tweetbot:20171128091102j:plain
価格差がありすぎ・・・
  • Zaif:633円
  • bitbank:650円
  • bitFlyer:669円
特にbitFlyerでのモナコイン取引は全くオススメできません。 以下に各取引所の特徴を書いていますので読んでみてください。

Zaif(ザイフ)

f:id:tweetbot:20171128102308p:plain ザイフは現時点で世界で1番モナコインが取引されている取引所です。 取引量が多いので値段が安定しているのが特徴です。 ※取引量が少ない・・・600円→550円→680円と変動幅が大きくなり価格が安定しません。 2017年11月時点でZaifと同規模の取引量を持つ取引所はありませんし、モナコインを買うならZaifでしょう。 口座開設する→【公式】Zaif(ザイフ) Zaifは口座開設者が激増しているため本人確認が長くかかります(1週間) 本人確認が終わらないとモナコインを買うことはできないため早めに手続をしておくのがいいでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerがおすすめできないのは販売所形式であるというのが最大の理由です。(販売所とはbitFlyer↔ユーザーの取引です) bitFlyerからモナコインを買うとき既にスプレッド(手数料)が加えられているのでモナコインの値段が高くなります。 また同じくモナコインを売却するときにもスプレッド(手数料)が引かれるので、他の取引所に比べて安く売ってしまうことになります。 「モナコインを買うときは高くなり、売るときは安くなる」となってしまう時点でbitFlyerで取引するメリットはありません。

bitbank(ビットバンク)

f:id:tweetbot:20171025234409p:plain ビットバンクZaifと同じ取引所形式をとっており、bitFlyerのように手数料でモナコインが高くなってしまうということはありません。 ただ、取引量が少ないのが欠点です。  取引量の少なさを狙ってZaifより安い値段でモナコインを買うこともできますが・・・これはトレードに慣れている人でないと難しいと思います。 しかし、取引量が少ない問題はあるもののbitbankはまだマイナーな取引所のため本人確認が非常に早く終わります。(ぼくは1日で承認)
  • Zaifの本人確認が終わらない人
  • モナコインを早く買いたい人
  • トレードに慣れている(板取引)
こういった人におすすめです。 また今ならbitbankは取引手数料無料ゼロキャンペーンをやっているのもいいですね。 f:id:tweetbot:20171128111618p:plain 口座開設する→【公式】ビットバンク 以上、モナコインをどの取引所で買うべきかご紹介しました。ぜひ参考にしてくださいね。 んでは(๑´ڡ`๑)