Virtual Money Wiki

仮想通貨って何?仮想通貨取引って何?仮想通貨でのトラブル詐欺は!?知るとおもしろいバーチャルマネー

月別: 8月 2017 (1ページ / 2ページ)

中国の新鋭取引所、Binance(バイナンス)の勢いが凄い!口座を持っておきましょう

f:id:tweetbot:20170825141408p:plain

仮想通貨市場の約半数はアジアマネーが占めているらしく、その中でも中国は特に重要なマーケットです。

そんな中国の新鋭取引所のBainance(バイナンス)の勢いがヤバいので紹介していきます。

Binance(バイナンス)とは?

Binanceは7月上旬に開設された中国資本の取引所です。CEOは元OKCoin(中国大手取引所)の人ということで注目されています。

TwitterではたいやさんがBainaceのことを最速でキャッチしてた記憶があります。 (フォローおすすめです)

45Days Reportの内容にびっくり!

この記事で書いたように「Binanceはこれから無視できない取引所」と思っておりました。  

Binanceのレポートを見て「世界トップクラスになるのも近い」と思っています。

また日本進出の噂もあるのでバイナンスの口座を作っておくのが良いでしょう。

日本語対応もしているので解説はさほど難しくありません。

→Bainance(バイナンス)を開設する

【追記】

口座開設方法について詳しく書いた記事はこちらです。

www.bitcoin-trade.info

 

 

さて、ツイートの内容のレポートを簡単に紹介しますね。 

ユーザー数は2,700人/日のペースで増え続けています。

f:id:tweetbot:20170830115039p:plain

 

取引所の規模の指数になる出来高/24Hはすでに7位以内へ食い込み。

f:id:tweetbot:20170830115213p:plain

(Liquiは1年運営して25位ですよ・・・)

 

集まっているユーザーも中国のみというわけではなく、世界中からユーザーが集まっています。

f:id:tweetbot:20170830115314p:plain

 

ハングルも言語対応してるので、これから韓国人も増えてくるかも。。。(韓国の市場ボリュームは非常に大きいです。)

f:id:tweetbot:20170830142354p:plain

 

わずか1ヶ月半でこのスピードは相当なものです。

ぼくにとってかなりの衝撃でした。 

 

「どうしてそんなにBinanceは成長が早いのか?」

以下に、Binanceの特徴を列挙してみました。

Binanceの特徴

f:id:tweetbot:20170830124919p:plain

銘柄追加スピードが早い

まず銘柄追加のスピードが早いです。これはユーザー獲得に圧倒的に有利です。

自分の保有通貨がBinanceに上場する、高く売れるかも?」という期待感がもてるからです。

 

また人気銘柄を扱うことでBinanceでのトレードを視野にいれるトレーダーも増えますし、ICO後の銘柄を追加すれば参加者もユーザーになっていきます。

 

規模が小さいうちに銘柄が集まり過ぎると銘柄1つ当たりの資金流入が減るのでメリットとデメリットがあります。

しかし、取引所の成長をみるとそれも大丈夫なように思えます。  

Binanceが主導のICOがある

中国のICO規制によってICOページは削除されました。

f:id:tweetbot:20170830112359p:plain

これはかなりの特徴です。取引所がICOを取り仕切っているんです。

ICOページ→https://www.binance.com/ico.html

 

Binanceユーザーであれば口座にある残高で、そのままICOへ参加するというのは非常に相性のいい組み合わせだと思います。

(もちろんBinanceでICOしたものは最速で上場するでしょうからね )

中国のICOに関する懸念

なお、中国ではいちはやくICOの取り締まりが始まりそうです。

詐欺的なICOを実施したものには刑があるという、とてもキビシイ内容になってます。

cointelegraph.com

これによって中国発のICOは精査済みのものしか出てこなくなる流れになるでしょう。

Binanceがそういうプロジェクト精査の役割まで果たせるのであれば、追い風になる可能性もあります。

Webサイトが軽快

f:id:tweetbot:20170830142151p:plain

これは現時点での感想になりますが、Webサイトが非常に軽快です。

画面の切換えなどサクサク進むのでストレスがありません。

 

どこのサイトとは言いませんが、応答速度が非常に遅い大手取引所もあります(汗)

個人的にはこの早さを保ちつつ、拡大していってほしいなと願っています。

 

以上がBinanceの特徴です。

 

また最近の動きとしては、ユーザーからどの通貨を上場させて欲しいか?というようなアンケート形式の上場もあるようです。

 

 そんな今イチオシの海外取引所、Binance(バイナンス)の紹介でした。→Bainance(バイナンス)を開設する

 

ちなみに世界の主要な取引所についてはこちらで紹介しているのでどうぞ。 

www.bitcoin-trade.info

んでは(๑´ڡ`๑) 

【海外取引所】Liqui(リクイ)の口座開設と注意点について

f:id:tweetbot:20170829231054p:plain

ICO通貨にとっての登竜門的な存在の取引所Liqui(リクイ)を紹介していきたいと思います。

Liqui(リクイ)とは? 

Liquiは海外取引所の1つでこちらの内容によるとちょうどオープンして1年ぐらいの取引所です。

簡単に登録できて、住所登録など面倒な手続きがないのが特徴です。

(それもちょっと怖いのですが笑)

世界25位の出来高

f:id:tweetbot:20170829190901p:plain

 

しかし数多くある仮想通貨取引所で世界25位の出来高です。 

f:id:tweetbot:20170829161214p:plain

 

Liquiの戦略は「ICO通貨を大手取引所より早く上場させる」というものなので、ICO終了後にまず上場するのはここが非常に多いです。 

※ICO通貨を早く取り扱えばそれだけ手数料を稼げることになるからです。

 

大型ICOの場合、すぐにBittrexや中国の大手取引所への上場が果たされます。

しかしほとんどのICOはなかなか大手取引所へ上場することはなく、Liquiへ上場するのでマイナー銘柄を扱う人にとってLiquiは必須の取引所です。

 

ICOなど参加される人は作っておいて損はないと思います。

Liquiの口座開設方法

ではLiquiの口座開設を紹介していきます。

こちらのURLからサイトにアクセス→https://liqui.io/

サイトのトップ画面がそのまま取引画面に直結してるのがLiquiの特徴です。

左上にある「Exchange」右上の「Balance」の位置だけ把握しておけばだいたいOKです。

f:id:tweetbot:20170829170415j:plain

アカウントの開設

最初アクセスしたとき以下のような画面がでると思いますが「Sign Up」をクリックしましょう。

f:id:tweetbot:20170829171453j:plain

 

ここにアカウント情報を書いていきます。

  • Login:ニックネーム(問い合わせなどで使います)
  • メールアドレス
  • パスワードは強力に!不正アクセスされても自己責任です。

f:id:tweetbot:20170829171540j:plain

入力完了したら利用規約にチェックを入れて「Sign Up」をクリックします。

 

登録したメールアドレスに認証のメールが来ていますので、リンクをクリックして認証しましょう。

f:id:tweetbot:20170829172150j:plain

あとは先程の情報をつかってログインします。

2段階認証の設定

アカウントを作成したらそのまま2段階認証を設定しましょう。

ハッキングに備えて必ずやりましょう。

 

右上にある「Profile」→「Account Security」をクリックします。

f:id:tweetbot:20170829172241j:plain

 

面倒くさいですが、大事な通貨を守るために設定しましょう。

f:id:tweetbot:20170829172441j:plain

入出金方法について

Liquiで取引するために入金する方法を紹介していきます。

トップメニューから右上にある「Balance」をクリックします。

 

Balanceの場面でLiquiへ入金したい通貨の「Deposit」をクリックします。

f:id:tweetbot:20170829172954j:plain

 

自分専用のアドレスが発行されますのでアドレスを間違えないように送金手続きをしましょう。

f:id:tweetbot:20170829173046j:plain

出金の場合は「Withdraw」です。

こちらも自分のアドレスを間違えないようにしましょう。

f:id:tweetbot:20170829173456j:plain

 

Liquiへの入出金はビットコインの場合、数十分〜数時間かかります。

(イーサリアム系でもそれぐらいかかるときがあります。)

なかなか入出金ができなくてもあせらず、トランザクションを確認するなどしましょう。

 

ビットコインのトランザクション確認はここから。

Bitcoinブロックエクスプローラ

イーサリアムのトランザクション確認はここから。

Ethereum BlockChain Explorer and Search

取引方法について

続いて実際にトレードする方法ですが、前述のとおりLiquiはトップ画面がそのまま取引画面になっています。

左下にある通貨一覧で取引したい銘柄を選択します。

f:id:tweetbot:20170829170415j:plain

なお「BTC」「ETH」「USDT」2種類のペアがあります。

人気銘柄は複数のペアがありますが、マイナーだとETHペアしかなかったりということもあります。(ちなみに銘柄検索機能はありません・・・汗)

 

銘柄を選択したら、板が表示されるのであとは他の取引所と同じようにトレードが可能です。

f:id:tweetbot:20170829173913j:plain

【注意】Liquiの残高はゼロ推奨!(もしくは少額)

Liquiでトレードをしたら基本的に全額を出金しています。

これは、

小規模取引所なのでいつ潰れてもおかしくない

いつサイト自体がハッキングされてもおかしくない

というぼくなりのリスク対策です。

 

出金手数料などを考えると非常にもったいないのですが、取引所がある日突然閉鎖するよりマシだと思います。

リスク許容度は人それぞれですが、あまり大金を置きっぱなしにするのは推奨できないです。

 

以上、「Liqui(リクイ)の口座開設と注意点について」でした。 

関連記事 

Liquiに上場した銘柄が次に目指すのは有名取引所です。

有名取引所の紹介はこちらを。

www.bitcoin-trade.info

STOXのSTXはLiquiで購入可能です 

8月30日にSTOX Alphaというスポーツ賭博サイトをオープンさせるSTOXの通貨が買えるのもLiquiです。

www.bitcoin-trade.info

 

んでは(๑´ڡ`๑)

【未確定情報】Byteball(GBYTE)がコインチェックで取り扱い開始か?

f:id:tweetbot:20170729185852p:plain

 

Byteballホルダーへ嬉しいお知らせかも!

日本の取引所、コインチェック(coincheck)でByteballの取り扱いが始まるかもしれません。

コインチェック公式情報ではありません

f:id:tweetbot:20170828100608p:plain

はじめに書いておくと、コインチェック側からByteball取り扱いについての言及は一切出ておりません。

以下の2つの非公式情報で「取り扱われるのでは?」という憶測の状況です。

  • コインチェックの公式APIドキュメントに「gbyte」がある(現在削除済み)
  • gbyteの価格応答APIが反応する 

APIドキュメントに「gbyte」の項目がある(あった)

今回の情報がでたきっかけとして、コインチェックの取引所APIドキュメントという公式資料にByteballの通貨単位であるgbyteの文字が新たにでたというものです。

f:id:tweetbot:20170828100801j:plain

この情報を見た時、Byteballホルダーのぼくは嬉しすぎてこんな画像をTwitterで上げておりました(笑)

確定情報ではないのですぐ消しましたが。

現在、APIドキュメントの中にはこの項目は削除されています。

取引所APIドキュメント | Coincheck(コインチェック)

 

ぼくはプログラマーではないのでAPIドキュメントというのが、絶対的なものなのかそれともよく変更が加わる流動的なものなのか、よく分かりません。

コインチェックのAPIにByteball

 しかし現時点でコインチェックのAPIまでは削除されていないようです。

 

APIというのは、サービス提供者が外部へ提供しているもので、例えば「GBYTEの価格は?」と問い合わせると、コインチェック自動的に応答がくるというものです。

 

このAPIを実行すると確かにgbyteの価格が表示されます。「49,547円」と価格もだいたい正確です。

f:id:tweetbot:20170828095951j:plain

※8月28日10:00時点 

【追記】

8月28日16:00時点でAPIも削除されました。

Poloniex(ポロ)へ上場するのか?

ちなみにコインチェックはPoloniexの銘柄を取り次いでるという話は有名です。

(公式情報ではありません)

今回コインチェックがByteballを取り扱うとしたら「どこの取引所のGbyteを取り次ぐのか?」という問題が出てきます。

 

もちろんコインチェックが在庫を持つ可能性もありますが、最近のByteballの値動きをみるとそういった大口の買いもありません。

 

なので可能性は低いですがByteballのPoloniex上場もあるのかもしれません。

 

しかしPoloniexは銘柄の追加が最近全くないんですよね。

 つい先日0xが追加されましたが、このつぎにByteballが追加?(ヾノ・∀・`)ナイナイ

www.bitcoin-trade.info

 でもあわーい期待ですが、Byteballホルダーとしてはワクワクします。

次回エアドロップは9月6日

それと、もうすぐByteballのエアドロップです。

次回エアドロップは9月6日07:02 UTC となっていますので、ホルダーのかたはウォレットへの移動をお忘れなく。
※UTC:世界協定時刻

f:id:tweetbot:20170828095628p:plain

 

Byteballをご存知ないかたへに説明すると、期日までに公式ウォレットへGbyteを入れておけば保有の10%分のGbyteがエアドロップされます。


またBTCリンクでもエアドロップが受け取れるようになっています。

興味あるかたは過去記事参考にしてください。

www.bitcoin-trade.info

 

またByteballに関しては過去記事が色々あるのでよければカテゴリ欄も御覧ください。

www.bitcoin-trade.info

 

コインチェックが取り扱い開始すれば日本円で直接Byteballを買えるということ。

自分が応援してる通貨が日本円と繋がるかもしれないって考えると、嬉しいですなぁ。 

 

コインチェックの口座を開設しておきたい方はこちらのリンクからどうぞ→coincheck

んでは(๑´ڡ`๑)

世界的スポーツ選手プロモーションで知名度急上昇?STOX Alphaがオープン!

f:id:tweetbot:20170827165716p:plain

予測市場で使われることを目的としたSTOXプロジェクトが26日に新たな発表をしました。その内容を紹介していきたいと思います。

予測市場?STOXとは?

まず予測市場というキーワードや、STOXについてご存知ない場合は以下の過去記事が参考になると思いますので予備知識として読んで頂ければと思います。

www.bitcoin-trade.info

↑の記事の内容と今回のSTOXの発表を考えると

スポーツ賭博界への進出

というのが狙ってることなのかな?と思います。

 

ようはサッカーやテニスなどの試合結果を賭ける(ギャンブル)ということですね。

日本では競馬、競輪などの賭博しか認められていませんが、海外では盛んです。(ブックメーカー」というキーワードで検索すると色々でてきます)

 

ちなみに海外のサポーターは過激なイメージありますよね、サッカーファンが暴動を起こしたりとか・・・

あれは試合結果にお金を賭けてるからあそこまで熱くなるんでは?という説もあります。

8月26日STOXからの発表内容

スポーツ賭博界へのアプローチとして、今回STOXは世界的サッカー選手のルイス・スアレス氏によるプロモーションをうちだしました。

バルサの選手が仮想通貨のプロモーションをするとか興奮しますね(笑)

お金を積めば有名人はプロモーションするとはいえ、実際にマーケティングに取り組んでるところをみるとホルダーとしては安心できます。

ここまでお金をかけてプロモーションした今回の内容はSTOX Alphaをオープンするよ!というものでした。

STOX Alphaとは?

STOX Alpahについての詳細は出ていないのですが、デモサイトのような雰囲気です。

事前登録したユーザーはデモとして用意された1000STX(25万円相当)を投じて取引をすることができるようです。

How it Works
Your first step is to sign-up to take part in the Alpha: www.stox.com
Once the Alpha launches on August 30th, we will email you instructions on how to use the 1000 STX demo tokens to make a prediction with.
Remember: The Alpha will use demo STX tokens only, NOT real STX.

引用元:Stox Alpha — Launching August 30th — Sign-up Now! – Stox prediction market – Medium 

どんなデモなのか?は8月30日になってみないとわかりませんが楽しみです。

以下のリンクから事前登録すれば案内が届くようになっていますのでSTOXに興味があるかたは登録してみてください。

STOX公式サイト:https://www.stox.com/en/

実際にスポーツ試合の結果を予想する?

ここからはSTOX Alpahがどんなものか?の妄想です。

公式サイトにある情報から想像してみました。 

レアルマドリード VS バルセロナ 勝つのはどちら?

f:id:tweetbot:20170827153859j:plain

というようなスポーツ対戦の結果を賭けたり。

ロナウドは今夏レアルマドリードから移籍するか?

f:id:tweetbot:20170827154006j:plain

など、イベントを賭けの対象にしたりなどこういうことができるのではないかと思います。

こういうのって勝手にチームロゴとか選手名使って良いのでしょうか?笑 

 

などなど!こんな感じのサービスを予想しています。

詳しくは8月30日を待つのみ、ですね。

STOXの価格は下落中・・・

そんな大きな発表があったSTOXですが発表から翌日大幅に下落、材料出尽くしといったところでしょうか。

トレーダーが期待してた取引所への上場もありませんでしたしね。

f:id:tweetbot:20170827143450j:plain

Byteballといい自分が良い!と思った通貨が落ちていくのはカナシイですね(´・ω・`)

STXの購入方法は?

現在STXは以下の2つの取引所で買うことができます。

  • Liqui
  • EtherDelta 

しかしLiquiはマイナー取引所で、最近出金の問題も多くEtherDeltaは更にマイナーでクセも強いです。

このことから現時点でSTXへの大きな資金流入は見込めません。(残念ですが)

裏を返せば仕込み時期でもあると思っています。

 

以上「世界的スポーツ選手プロモーションで知名度急上昇?STOX Alphaがオープン!」でした。

  

今後もSTOXのことはこのブログで取り上げていきたいと思っています。

  • STOX Alphaを使ってみた感想
  • STOXの価格は今後どうなるか?
  • STOXのロードマップと懸念事項について
  • STXを買うためのLiquiの開設方法&取引方法

などなど書いていきたいと思っていますので、STOXに興味がある方はまたブログ見に来てください。

んでは(๑´ڡ`๑) 

関連記事

www.bitcoin-trade.info

Michał Parzuchowski

【仮想通貨】アルトコインをトレードするなら知っておくべき6つの海外取引所

f:id:tweetbot:20170825221620j:plain
アルトコインをトレードする時に必ず意識しておきたいのは「主要取引所への上場」です。今回はアルトコインの主戦場であり、知っておくべき海外の取引所を紹介していきます。

出来高、流動性の高い取引所の重要性

まずはじめにビットコインやアルトコインをトレードする際には、その取引所の出来高はとても大切です。

出来高が少ないということはそれだけ流動性が低いということです。 

 

流動性低いとたった1ビットコイン分の売り注文を出しただけで暴落してしまったり、取引が成り立ちません。

ICO通貨やマイナー通貨にとって

f:id:tweetbot:20170818183810p:plain

また、ICOをした通貨やマイナーな通貨にとって出来高の高い取引所へ上場することは非常に重要です。

 

多額の資金が流通している取引所へ上場することで、一気に価格が跳ね上がることが期待できますし、通貨の知名度向上にも繋がるというメリットがあります。

 

このことからICO通貨やマイナー通貨にとって大きな取引所への上場というのは共通した目標です。

 

ぼくのアルトコインのトレードスタンスはICO銘柄や、マイナー通貨が大型取引所へ上昇する際の価格上昇で利益を出すというものなので「情報が命」です。 

アルトコイン取り扱いが多い海外取引所

そんなアルトコインの事情を踏まえた上で、海外の取引所で「アルトコインの取り扱いが多い」かつ「出来高(24h)が高い」取引所をピックアップしました。(日本でいうコインチェックのような位置づけです。) 

 

それが以下の6つの取引所です。

  1. Poloniex
  2. Bittrex
  3. Bitfinex
  4. Coinone
  5. Binance
  6. HitBTC

※参考にしたのは以下のサイトです。

coinmarketcap.com

順に紹介していきたいと思います。

Poloniex(ポロニエックス)

f:id:tweetbot:20170825141624j:plain

 

アルトコインをトレードする人なら、ほぼ知っているであろうPloniex

すでに色々なアルトコインが扱われています。 

先日、数ヶ月ぶりの新規銘柄追加となった0xはあっという間に値を上げました。 

www.bitcoin-trade.info

※そのあと下落しましたが

最近はサポートへ問い合わせても数ヶ月返事がないなど、体制が心配されるところではありますがそれでも大手には変わりなく不動の地位を築いています。

サイト:Poloniex

取り扱い通貨: Poloniex trade volume and market listings

Bittrex(ビットレックス)

f:id:tweetbot:20170825141649p:plain

Poloniexのサポート態勢の悪さや、銘柄追加のなさから次第に人気になってきたBittrexです。

現在、世界で1番アルトコインの種類が豊富です。

しかしここ最近は銘柄追加が少なく法規制に備えて精査しているのでは?という状況です。

どのICOプロジェクトも終了後は「いつBittrexへ上場するの?」という質問が始まり、専用のスタンプがあるぐらいです(笑)

f:id:tweetbot:20170825140023p:plain

ここも必ず開設しておきたい取引所ですね。

サイト:Bittrex.com

取り扱い通貨:Bittrex trade volume and market listings

Coinone(コインワン)

f:id:tweetbot:20170825141713p:plain

Coinoneは韓国の取引所です。

韓国ではあまりアルトコインの取り扱いがありませんでした。

しかしここ最近にきてリップルや以下のQuantumの追加などが相次ぎ、アルトコイン市場ができつつあります。

 

韓国の仮想通貨に対する取引ボリュームは非常に大きく、どの通貨も韓国上場の瞬間はかなりの値動きがあると思われます。 

 

以下はQuantumが韓国ヘの上場が決まった瞬間の値動きです。

f:id:tweetbot:20170825141259p:plain

瞬発力の凄さがわかると思います。

銘柄の追加は頻繁ではありませんが、情報はおっておきたい取引所です。

 

サイト:https://coinone.co.kr/

取り扱い通貨:Coinone trade volume and market listings

Bitfinex (ビットフィネックス)

f:id:tweetbot:20170825141701p:plain

Bitfinexはビットコインの取引量が世界トップクラスです。ビットコイン価格指標にもなっている取引所です。 

ここ最近はアルトコインの取り扱いも増えてきています。 

 

また注目すべきは、ethfinexというイーサリアム系トークンの取引所開設も計画されており、さらにアルトコイントレードが活発になっていくかもしれません。

ethfinexについての情報はこちら→https://www.bitfinex.com/ethfinex

サイト:Bitfinex

取り扱い通貨:Bitfinex trade volume and market listings

Binance(バイナンス)

f:id:tweetbot:20170825141408p:plain 

最近設立された中国の新鋭取引所のBinanceです。

登場するやいなや、中国での取引量はトップクラスになりました。BNBという取引所独自のトークンを手数料に使えるのも特徴です。 

最近はBittrexで扱われているアルトコインが次々とBinanceに上場しています。

 

知名度を上げるために銘柄を増やしたいはずなので、今後ICO銘柄がどんどんこの取引所へ上場していくかもしれません。

また韓国語や日本語への言語対応も開始しているので、1年後にはトップクラスの取引所になっているかもしれません。

 

Binanceにどんな銘柄が追加されるかは以下のアナウンスをチェックするといいです→Business Announcement – Binance

サイト:https://www.binance.com/

取り扱い通貨:Binance trade volume and market listings

開設方法はこちら。

www.bitcoin-trade.info

HitBTC(ヒットビーティーシー)

f:id:tweetbot:20170926231740p:plain

HitBTCは欧州にある取引所です。IOUがあることが最大の特徴でICO通貨を多く扱います。

IOUとは先物取引にイメージが近いです。

f:id:tweetbot:20171017180019j:plain

IOU(権利)を取引している

しかし通常ICOで受け取ったトークンはロックアップ期間があり、売買はできません。

なのでHitBTCでやりとりされているICO通貨の値動きは、「その通貨を受けとる権利」をトレードしているというわけです。

ICO終了後にどれぐらいの期待が集まっているか?という指標に多少は役立ちます。 動向を見守っておきたい取引所ですね。

サイト:HitBTC

取り扱い通貨:HitBTC trade volume and market listings

アカウント作成は10分程度で完了します。

www.bitcoin-trade.info

以上が海外の主要取引所の紹介です。

アルトコイントレーダーにオススメしたい「Coinigy」

f:id:tweetbot:20171016144147p:plain

世界に目を向けてチャンスを狙う

ここまで紹介したように世界には色々な取引所があり特徴があります。

アルトコインをトレードする人は海外取引所の口座を複数持ち、監視しながら売買しています。

ほとんどの人が「Coinigy」というトレードツールを使っています。

このツールは複数の取引所と連携し残高を1つの画面にまとめることが可能です。

 

たとえ5つの取引所を使っていたとしても、トレードや残高管理を1つのサイトから操作できます。 

本当に便利ですよ。

 

1ヶ月の無料期間もありますし、詳しい内容を以下の記事に書いているのでアルトコイントレードをする人・したい人は見てください。

www.bitcoin-trade.info

んでは(๑´ڡ`๑)

仮想通貨やICOの情報収集にはチャットアプリは必須!SlackとTelegramの使い方について

f:id:tweetbot:20170628203234p:plain

仮想通貨やICOディープな情報収集にかかせないものといえば?

「Slack」と「Telegram」ですよね。

仮想通貨の情報収集について

さまざまな仮想通貨がありますが、どの運営も以下のような窓口があります。

  • 公式サイト
  • 公式チャット
  • 公式SNS

その中で「公式チャット」はその通貨を運営している企業メンバーとホルダーの直接的な交流場です。

 

ホルダーへの最新情報のアナウンス、技術的な質問回答などに使われています。

公式からの情報が1番早いのは公式チャットです。

 

最新の状況や、トレードに有利になる情報を掴みたいのであれば公式チャットもチェックするようにしましょう。

2大アプリ「Slack(スラック)」「Telegram(テレグラム)」

f:id:tweetbot:20170824142707p:plain

現在使われているチャットアプリはSlackTelegramがほとんどです。

この2つのアプリの使い方を理解していれば、仮想通貨の最先端情報が手に入ります。 

 

今回はこの2つのアプリの実際の使い方を紹介していきます。

特にSlackは初めての人には戸惑うので、参考にしてくださいね。

Slack(スラック)について

f:id:tweetbot:20170824133339p:plain

Slackは世界中のビジネスシーンで利用されているチャットアプリです。

チャットだけでなく、botと呼ばれるプログラムを作成することができ様々用途に使われています。

 

特徴は以下のとおり。

  • プロジェクトベースのチャットアプリ
  • 1つのプロジェクトにつき、1アカウントが必要
  • Slackに加入するには加入URLが必要(あるいは招待)
  • プロジェクト内にチャンネルが複数ある仕組み

使い方に少しクセがあります。

一般的なLINEなどとは違い、プロジェクトベースのチャットアプリです。

このため、プロジェクトごとにアカウントを作成しないといけません。

この点が少し馴染みにくいところです。

Slackの参加方法

Slackへ参加するには参加URL,もしくは既存のメンバーに招待してもらう必要があります。

f:id:tweetbot:20170822175010p:plain

上記のようなSlack参加URLから自分のメールアドレスを登録します。

 

メールが届いたら「Join Now」をクリック。

f:id:tweetbot:20170822175021p:plain

 

アカウント情報を入力して、パスワードを設定します。

※アカウント情報はUsername(ハンドルネーム)だけでもOK

Slackは乗っ取りが多いので、パスワード強力にしておきましょう。

f:id:tweetbot:20170822175044p:plain

 

アカウント作成が完了すると、チュートリアルが始まります。

次に進めたい場合は「Skip the tutorial」をクリックしましょう。

f:id:tweetbot:20170822175212j:plain

Slackの公式アナウンスはここでチェック!

たいていどの通貨のSlackにも以下の2つのチャンネルがあります。

  • #announcements
  • #general

この2つは運営の公式アナウンスなどに利用されることが多いです。

またこの2つのチャンネルは世界中のユーザーが参加しているため基本的には英語での書き込みになります。

日本語チャンネルを用意している通貨もアリ

人気がある仮想通貨の場合、有志が公式にかけあって日本語チャンネルを開設しているケースもあります。

このブログでよく紹介しているTenXもそのうちの1つです。

 

他のチャンネルを探すには、以下の場所をクリックします。

f:id:tweetbot:20170822175331j:plain

 

チャンネル選択画面が開きます。

このように「#日本語」「#Japanese」というようなチャンネルがあれば日本語で会話ができます。

f:id:tweetbot:20170822175405j:plain

 

チャンネルへ加入するには「Join channel」をクリックすればOKです。

f:id:tweetbot:20170822183640j:plain

まだまだ日本語チャンネルは少ないですが、徐々に増えてきています。

自分の保有している通貨の日本語チャンネルが開設されていないか定期的に確認するのもいいと思います。

 

以上がSlackの使い方です。

Telegram(テレグラム)について

f:id:tweetbot:20170822173708p:plain

もう一方のアプリ、Telegramを紹介していきます。

Telegramの使い方はほとんどの方がすぐに馴染めると思います。

 

特徴は以下の通りです。 

  • LINEのような感覚
  • 1対1のチャット、グループチャットへの参加も可能
  • 認証に電話番号が必要

すべてのデバイスへ対応

f:id:tweetbot:20170822173736p:plain

公式アプリ:Telegram Messenger

Slackもそうですが、Teleglamもすべてのデバイスでアプリが用意されています。

 

TelegramはLINEのような感覚で使うことができるのでインストールも簡単で、Slackとは違い、1つのアカウントで複数のプロジェクトへ参加可能です。

Teleglamのインストール方法

iPhoneやPCなど、事前にアプリをダウンロードしておきます。

 

 

Teleglamは電話番号認証のみでアカウントが作成できます。

電話番号を入力すれば、SMSがくるので認証をしましょう。

f:id:tweetbot:20170824162748j:plain

 

Teleglamの参加方法

もし公式が用意している場合、公式Webに以下のようにTeleglamのマークがあります。f:id:tweetbot:20170824160248j:plain

ここをクリックするとTeleglamの参加画面になります。

「View Group」をクリックすると、アプリへ飛びます。

f:id:tweetbot:20170824163228p:plain

 

アプリへ飛ぶと、以下のようにチャットが流れている画面が出てきます。 

チャット下部にある「Join」をクリックすると、そのTeleglamチャットへの加入は完了です。 

f:id:tweetbot:20170824160241j:plain

 

以上がTeleglamの使い方になります。

まとめ

今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • 仮想通貨の最速情報は公式チャットにアリ!(英語)
  • 有利なトレードやICO参加に必須
  • Slackはプロジェクトごとにアカウントが必要
  • Teleglamは1アカウントで色々なプロジェクトへ参加できる

ちゃっとアプリを使うと、プロジェクトの公式メンバーのマメさ、そして参加人数から期待渡を図ったりとかなり活用できますよ。

 

ほぼ英語なのが辛いですが、ついでに英語もみにつくと思って前向きにチャットアプリを活用してはどうでしょうか?

んでは(๑´ڡ`๑)

【ICO】Cindicator(シンジケーター)について、ICOの参加ハードルが上がりすぎ!

f:id:tweetbot:20170823181518p:plain

9月に参加するICOを1つ決めました。

その名はCindicator(シンジケーター)です、簡単に紹介していきますね。

Cindicator(シンジケーター)とは?

Cindicatorは「Hybrid Intelligence(ハイブリッドインテリジェンス)」というコンセプトを掲げたチームです。

cindicator.com 

最近、AIやら人工知能とかの話題が多いですよね。いずれトレードにはAIが使われていくだろうとか、あらゆる仕事はAIへ置き換わる・・・などなど。

 

そんな中、Cindicatorは「AI」と「人の判断(インテリジェンス)ハイブリッドで投資判断を下せるプロジェクトを作っていこう、というプロジェクトです。

 

すごーく簡単にいうと、

  1. 大量のアナリストの投資判断を集めてビックデータ構築
  2. それをAIで分析してトレードで運用、またはICOの参加判断に使う

的な感じです。(ぼくの理解によるとね)

ICO情報やプロダクトについて

f:id:tweetbot:20170823214704p:plain

Cindicatorのトークンセール情報は以下の通りです。

  • 時期:2017年9月12日〜10月12日
  • 上限:1,500万ドル
  • ベース:イーサリアム ERC20トークン
  • 購入方法:ETH(イーサ)
  • レート:1CND=$0.01

発行されるトークンはCNDです。

今回のセールで15億トークンが放出され、これは総発行量の75%を占めます。 

CNDトークンの使いみちについて

f:id:tweetbot:20170823182239p:plain※画像が見にくいので公式サイトに見に行くことをおすすめします→https://cindicator.com/

このCNDトークンの使いみちは以下の3つ。

  • ホルダーはCindicatorのサービスを利用可能
  • アナリストや開発チームへの配当
  • 運営による買戻し

CNDホルダーであれば、今後Cindicatorの開発するプロダクトなどを利用することができます。

保有数によってアクセスできる情報のレベルが設けられていますので、大量ホルダーには恩恵がある仕組みになっています。

 

またトークンセールで募った資金の20%を自社の「Hybrid Intelligence Portfolio」ファンドへ投資し、その利益で市場からCNDトークンを買い戻します(公式による価格上昇効果が見込める)

ロードマップ

f:id:tweetbot:20170823215031p:plain 

またロードマップもしっかりしており、今年の11月には以下の機能をWebベースで公開する予定のようです。

  • トレード指標
  • 分析ツール
  • ICOレーティング

スマフォアプリもリリース済み

f:id:tweetbot:20170823215228p:plain

Cindicatorはすでにスマフォアプリもリリースされています。

スマフォアプリでCindicatorの出す質問に答える形で、世界中の人の投資判断を大量に集めてAI分析をするというものです。

 

実際に使ってみました(英語ですけど)

単純にYES or NOのような問題もあれば、以下のように何%だと思うか?みたいなのもあります。

f:id:tweetbot:20170823215406p:plain

このアプリを使って回答した人へはCNDトークンが付与されるという仕組みになっています。

 

以上が、Cindicatorのプロジェクト内容です。

結構面白そうな仕組みじゃないですか?こういう系はイケると思うので参加することにしました。

CindicatorのICO参加にハードル有り

f:id:tweetbot:20170823215604p:plain

このCindicatorの参加にはちょっとしたハードルがあります。

ホワイトリスト制になっており、9月12日より以前に申し込みをする必要があります。

※ホワイトリストは承認者リストのような意味です

 

最近のICOは参加者がどんな人か?という精査があるものが出てきています。

たとえば過去にあった0xのICOはCivicというアプリで本人認証をしないと事前申し込みができませんでした。 

www.bitcoin-trade.info

Cindicatorのホワイトリスト提出方法

Cindicatorの場合は、自分を事前にホワイトリストへ載せてもらうためにフォームを送信しておかないといけません。

 

以下、ホワイトリスト申請のフォーム画面を紹介していきます。

f:id:tweetbot:20170823215629p:plain

  • 名前
  • 投資予定の金額
  • イーサリアムアドレス

プロフィール、簡単な質問

f:id:tweetbot:20170823215646p:plain

続いて以下の内容を入力します。

  • 自分のLinkedInやTwitterプロフィールの提出
  • Cindicatorのサービスを利用するか?→Yesなら何か記入
  • Cindicatorのエコシステム発展に協力したいか?→Yesなら、あなたのビジョンは?これからCindicatorはどうなってくことを望みますか?(意訳)

 

「ホワイトペーパーの読書感想文かよ!」

 

と、思うようなホワイトリストの記入フォームです。

運営が「記入内容をみてホワイトリストへの追加を検討する」って書いてる以上、空白で出せないな・・・と思い、頑張って記入しました(英語で)

 

恐らく人気ICOになるのでホワイトリストへ入ることができたら、ICOに参加できるんじゃないかなと予想しています。

 

Cindicatorの内容が気になった人は、ホワイトペーパーなどを読み頑張ってフォーム記入して応募してみてはどうでしょうか。

以上「Cindicator(シンジケーター)のICOについて、最近参加のハードルが上がりすぎ」でした!

【追記】

@DTkabuさんがCindicatorの日本語版Slackを立ち上げてらっしゃいました!更なる情報収集や質問をしたい場合はぜひ参加してください→

リンク

 

 

【未来式の取引所】分散型取引所のEtherDelta(イーサデルタ)の使い方について

f:id:tweetbot:20170820210822j:plain

EtherDelta(イーサデルタ)という人が介在しない分散型取引所の使い方を詳しく紹介しています。

EtherDelta(イーサデルタ)とは?

イーサリアムベースの分散型取引所です。*1

管理者不在で運営されるのが特徴で、ブロックチェーン技術で実現が期待されている分野です。

 

ICO直後に取引できる

まだ上場してない通貨が買える

 

上記の理由から、分散型取引所であるEtherDeltaの人気が高まってきてます。 

しかし従来の取引所と同じ感覚で利用すると思わぬトラブルに遭遇します。

 

以下のことを理解した上で利用してくださいね。

  • 取引所ではなく交換所、サポートは一切ナシ
  • 入金、取引、出金の全てに手数料がかかる
  • セキュリティ上、イーサリアムアドレスは使い捨てるべし

事前準備~Metamaskの導入~

f:id:tweetbot:20170813124211p:plain

EtherDeltaの利用にはイーサリアムウォレットのMetamask(メタマスク)の導入をしておきましょう。

導入方法はこちらの記事を参考にどうぞ。

www.bitcoin-trade.info

メタマスクの導入が完了したら、イーサアドレスをメタマスクに登録するところまで終えます。

EtherDeltaで使うアドレスの秘密鍵は必ず控えるようにしてください。

EtherDelta(イーサデルタ)の使い方 

EtherDeltaでの大まかな取引の流れは以下の4ステップです。

  1. イーサアドレスを入力&メタマスクの認証をする
  2. EtherDeltaへ入金する
  3. オーダー情報を送信する
  4. メタマスクのアドレスへ出金する

では順に解説していきますね。

イーサアドレスを入力&メタマスクの認証

EtherDeltaを開き右上のメニューに「import account」があります。

f:id:tweetbot:20170819155719j:plain

 

この場所へ事前にメタマスクへ登録したイーサアドレスを入力します。

f:id:tweetbot:20170818223227j:plain

※すでにアドレスが表示されてる場合この手順は不要です。

 

イーサアドレスを入力した直後は右上に赤色でアカウントが追加されます。

f:id:tweetbot:20170818223129j:plain

赤色の状態は認証がすんでいない状態なのです。

いったんEtherDeltaを読み込みなおしてください。(もし緑ならやらなくてOK) 

 

再度読み込みをして「Metamask」と緑色で表示されたら、EtherDeltaとの接続は完了です。

f:id:tweetbot:20170818223315j:plain

※メタマスク使わない場合、新規アドレスを作成します

入金する(Deposit)

次にEtherDeltaへイーサを入金をします。

左上の「BALANCE」にある左側がメタマスク、右側がEtherDeltaの残高になっています。

f:id:tweetbot:20170818223516j:plain

 

EtherDeltaへ送金する数量を入力したら「Deposit」をクリック 。

するとメタマスクが起動し、こんな画面がでてきます。

f:id:tweetbot:20170818223840j:plain

表示されている送金手数料を確認するようにしてください。

 

イーサリアムの送金の概念は以下の2つで構成されており、GAS金額を上げれば上げるほど早く送金できます。

  • GAS Price → ガソリンの値段
  • GAS Limit → 使用する燃料の上限

ちなみにガス価格についての理解は以下の記事が分かりやすいです。

www.tenx-matome.com

 

ガス料金は上げ過ぎると送金に数百円かかることもあるので、よほど急いでる場合でない限りデフォルト設定のまま送金しましょう。

 

送金の反映時間はイーサリアムのネットワーク状態に依存します。

※3時間かかったこともあります

送金時にエラーがでるときは、この記事の下の方に書いてある「こんなときは?」を読んでみてください。

 

入金が完了すると以下のようにEtherDelta側へ残高が表示されます。

f:id:tweetbot:20170819155900j:plain

オーダーを送信する

次にオーダー方法です。

 

EtherDeltaの特徴としてオーダーする金額を間違えてもその額で取引されてしまうというのがあります。

例えば1,000円で買いたいのに間違えて10,000円でオーダしてしまった!なんてときも通ってしまいます。

 

 

一般的な取引所であればゼロを1つ間違えても1番安い売値で取引が成立しますが、EtherDeltaにはそれもありません。

f:id:tweetbot:20170818224443j:plain

EtherDeltaは非常に誤発注が多いです。

しかも誤発注を狙った売り注文(現在値からゼロを繰り上げる)も非常に増えてきてます。

ぜひ、このことを気をつけてください。

誤発注を防ぐために

なお、誤発注を防ぐためにも板にある数字を直接クリックすることをおすすめします。

以下の画像のように価格を直接クリックし「ETH」で数量を調整すればOKです。 

f:id:tweetbot:20170819160406j:plain

繰り返しになりますが誤発注だけは気をつけてくださいね。

 

またEtherDeltaはオーダーをするのにも送金手数料が発生します。(イーサのブロックチェーンへ書き込むため)

 

入金の時と同じくオーダー情報の送信後、しばらく待つ必要があります。

なお、売り手がいない金額でオーダーを出した場合は以下のようにSignをすることで、売買成立時に自動的に処理をしてくれるようになっています。

f:id:tweetbot:20170819231224p:plain

オーダー情報のトランザクションが承認されたら取引は完了です。

メタマスクのアドレスへ出金する 

出金は以下の画像のように「Withdraw」をクリックし購入した通貨を引き出します。

f:id:tweetbot:20170819160459j:plain

※この時も送金手数料が発生します。

メタマスクのアドレスへ出金が完了すると以下のようにトークンが届いています。

f:id:tweetbot:20170819185518j:plain

以上がEtherDelta(イーサデルタ)での取引の流れです。

イーサ系の通貨ならほぼすべての通貨が取引対象になっていますので、マイナーコインを手に入れるのにうってつけです。

別のイーサアドレスへ振替える

またEtherDelta上から別のイーサアドレスへ転送することも可能です。

以下の画像のように「Transfer」タブを選択します。

f:id:tweetbot:20171018125607j:plain

上段はトークン、下段はイーサを送ることができます。

普段使っているアドレスや、取引所へ転送する場合はここにアドレスを入力して、送金すればOKです。

こんなときは?

EtherDeltaの使い方を紹介してきましたが、以下によくあるトラブルをまとめておきました。

エラー画面で進めない

f:id:tweetbot:20170819193902p:plain

取引の途中でエラーが出る場合は、右上のアドレス部分がメタマスク認証が通った緑色になっているか確認しましょう。

 

また、何度かリロードすると状況が改善することもあります。

入金/オーダー/出金が反映されない

f:id:tweetbot:20170818231327j:plain

イーサリアムネットワークが混雑していると非常に時間がかかります。

 

自分のイーサリアムアドレスを以下のサイトで検索して、トランザクションが詰まってないか確認してみましょう。

Ethereum BlockChain Explorer and Search 

上記画像のようにpendingになっていたら待ってみましょう。

何度送金してもエラーになる

f:id:tweetbot:20170821213656p:plain

Pendingにすらならずエラーが出続ける場合もあります。

ぼくも最大8回連続でエラーがでたことがありますがだいたいの場合原因は「送金手数料不足」です。

送金時のガスの設定を上げて再度試してください。

  • GAS Price → ガソリンの値段
  • GAS Limit → 使用する燃料の上限

GasPrice:60 GasLimit:250000ぐらいなら、エラーが出ない可能性が高くなります(送金手数料は高くなります)

ちょうど良いガス設定を試してみましょう。

トランザクションが発行されるがペンディングにすらならない

f:id:tweetbot:20170821220425p:plain

ガスリミットを上げてトランザクションが発行されるものの先に進まないパターンもあります。

 

上記のような画像が出た場合はその可能性が高いです。

この場合もガス価格やリミットを上げるなどして再トライしてください。

 

またPCやネット環境を変更してうまくいったという事例の報告もあります。

 

「おかしいな?」というときは、

ガス価格&リミット調整→時間を置く→環境変更の順に試してみてください。

その他、気をつけること

  • 取引したイーサアドレスを消さない/忘れない
  • 取引が完了するたびに出金しておく 

これらを気をつけてください。

また、セキュリティの観点から普段使っているアドレスをEtherDeltaで使うのではなくメタマスクで作ったイーサアドレスを一時アドレスとして使うと安全です。

 

 

以上、EtherDelta(イーサデルタ)の使い方でした。

質問があればTwitterで連絡ください。(DMあまり見てませんので公開返信のほうで・・)

 

EtherDeltaでも活躍するイーサリアムウォレット、メタマスクの導入方法はこちらから。 

www.bitcoin-trade.info

またMyEtherWalletを使っている人も多いと思いますので、Metamaskとの連携方法もチェックしてみてください。

www.bitcoin-trade.info

 

んでは(๑´ڡ`๑)

ブックマーク必須!仮想通貨のポートフォリオが作れる「CryptoCompare」

f:id:tweetbot:20170817115434p:plain

仮想通貨の情報収集に欠かせないサイトCryptoCompareの紹介です。

アルトコインのポートフォリオも作成できて超便利ですよ!

CryptoCompareのサービス内容について

  1. 各通貨の分析(国/構成通貨/取引所シェア)
  2. ポートフォリオ作成ツール
  3. サービス/製品のレビュー

www.cryptocompare.com

CryptoCompareでは上記の3つが特に便利です。

たとえば・・・

イーサリアムはどの国の人が買っているんだろう?

「自分が保有している通貨をポートフォリオ管理したい」

「海外取引所の評判が知りたい」

 

などなど、こんな要望にバッチリのサイトですので順に紹介していきたいと思います。

各通貨の分析(国/構成比/取引所シェア)

f:id:tweetbot:20170817132846p:plain

サイト上部にある検索バーから各通貨の名前を入力することができます。

有名通貨はこのように、既にリストされています。

 

ビットコインの通貨ページを開くとこのような情報を確認することができます。

f:id:tweetbot:20170817125650p:plain

  • ビットコインの40%以上はJPYで構成され、次にUSDが多い
  • ビットコインの取引所シェアはBitfinexが1番多い

こんな情報がすぐに分かります。

イーサリアムを1番買っている国は?

ビットコインだけでなくアルトコインも調べられます。

以下はイーサリアムの法定通貨のシェア率ですが、韓国が1番イーサを買っています。 

f:id:tweetbot:20170817130339p:plain

イーサリアムの構成比がBTCを抜いてウォンが1番多いというのは意外な発見ではないでしょうか?

このように「このアルトコインはどこの国が買ってるんだろう?」こういうことを調べるのに最適です。 

ポートフォリオ作成ツール

ポートフォリオも作成することができます。スマフォアプリのBlockfolioが便利なのですが、PCで管理したい場合にはCryptoCompareのほうが便利ですね。

ポートフォリオにはアカウントが必要ですが、メールアドレスのみでOKです。

簡単にポートフォリオへ追加できる

各通貨のページを開くと、以下のように「+Portfolio」というボタンがあります。

これをクリックするだけで追加が可能です。

f:id:tweetbot:20170817130416j:plain

公開/非公開ポートフォリオを作成

また公開/非公開を切り分けることができます。

ブログなどで運用結果を公開するときには公開ポートフォリオが役に立ちますね。

f:id:tweetbot:20170817125715p:plain

上記はぼくが参加したICOをポートフォリオにまとめたものです。

気になる人は見てみてください→ICOポートフォリオ

※ポートフォリオの原価を今後修正予定です。

 

今後、保有通貨のポートフォリオを作成しブログのプロフィール欄にはっておこうと思います。

サービス/製品レビュー

最後にレビュー機能です。取引所のサービス内容などについてのレビューを読むことができます。

レビューは☆でも評価されており、最近問題の多いPoloniexは☆1.9とかなり評判が悪いことがわかります。 

f:id:tweetbot:20170817125817j:plain

「初めて使う海外の取引所の評判はどうなのか、大丈夫か?」

ということを、レビューで事前に確認することができて安心できます。(全部英語ですけどね) 

マイニング機器のレビューも・・・・

また、マイニングに使う設備のレビューもあったりします。 

f:id:tweetbot:20170817125919p:plain

引用:nVidia GTX 1080 TI | CryptoCompare.com

ぼくはマイニングをやらないので、詳細はわからないのですが他の人のレビューを参考に機器を選定する場合は役立つんではないでしょうか。

その他にも

その他にも色々なメニューがあります。

たとえば以下のURLでは最近終了したICOに絞っての値動きを追うことができます。

ICO List

f:id:tweetbot:20170817131745p:plain

 

本当に便利です、このサイト。Twitterで色々な人が使ってるのをみかけて知ることができました、感謝ですm(_ _)m

 

ちょっとサイトが重いのが難点ですが、それを超える便利さのCrypto Compareです。

アクセスは以下からどうぞ。

www.cryptocompare.com

 

活用してアルトコイントレードを有利にはこびましょう!

んでは(๑´ڡ`๑)

Byteball(バイトボール)エアドロップ条件変更で暴落、残り回数は?

f:id:tweetbot:20170814202630p:plain

Byteballの下落がとまりません。

一旦手放して0.1BTCで買い戻して「ドヤッ!」とおもったのもつかの間、0.1BTCを割込みました。

投げ売り状態のByteball

一時0.35BTCをつけたByteballは1/4ほどの0.077まで落ちてしまいました。

f:id:tweetbot:20170814195813j:plain

いまのところ全く底の見えない状態で、個人的には0.05の節目で止まってくれるとありがたいなぁと思っています。

ここまで値を下げてしまった理由は、エアドロップの内容が変更になったこと。

エアドロップ条件の変更内容は?

今回、変更になった条件は以下の通りです。

  • Byteballのエアドロップ率を20%→10%
  • BTCリンクのエアドロップを1/10へ
  • Byteballを使った決済へのキャッシュバック(20%ほど)

とくにエアドロップ20%→10%というところが、いままでエアドロップ目的のみで保有してたホルダーの売りを誘ってしまいました。

 実用化に向けてのマーケティング開始

「エアドロップが減った」というところばかりに目が行きがちですが、Byteballが何をしたいのでしょうか?(元々Byteballのエアドロップは10%だったんです)

 

注目は今回の条件に新しく現れた、Byteballを使った決済へのキャッシュバックです。

f:id:tweetbot:20170814201706p:plain

引用:Byteball full merchant solution

まだ具体的な提携先など、詳細は分かっていません。

しかし、ネット決済などに本当にByteballが使われれば違った意味での知名度向上になります。※いままではエアドロップの評判が先行していました。

 

また個人的に凄く嬉しかったのはビットコインリンクへのエアドロップが1/10になったこと。ここを削ってマーケティングへ使うのは正解だと思っています。

Byteballを一旦保有しなおし

f:id:tweetbot:20170814200027p:plain 

ぼくは保有してたByteballを一旦すべて処分し0.1BTCでもう一度買い戻しました。

正直0.1で下げ止まるだろうと思ってたのですが、含み損になってますw

残りエアドロップの回数は?

0.1BTCでByteballを買い戻すときは出口を決めました。

以下の表にあるように、エアドロップは恐らく年末〜来年の頭まで続きます。

 

それまでにByteballが何らかの成果を出すのを信じ、長期ホールドできるぐらいの保有量にまで減らしました。

f:id:tweetbot:20170814201908j:plain

※ただしキャッシュバックがどれぐらいなのか未知数な為、早期終了もありえます

エアドロップ配布終了後を見越して動いた

今回の条件変更は運営の英断だと思っています。あのままだと10月にはエアドロップが終わり、単なるオトク銘柄として最後に暴落して終わっていたと思います。

総発行量の半分を配布し終え、エアドロップ目的のホルダーを振るい落とすための作業に入ったということです。

今後はByteball自身の機能や実現できることに目を向けられる人がホルダーになっていくと思います。

 

Byteballはホルダーの中身を入れ替え、将来の全発行に向けての対策&リアルでの実用化への舵取りを始めました。

今回の痛みを乗り越えて普及活動に成功し、複利20%のエアドロップのオトク銘柄からDAG技術通貨の覇者Byteballへと進化してほしいです。応援!
IOTAにまけんな(笑)

 

すでにByteballを手放した人も多いでしょうが値が上がればまた買い戻される、そんなもんだと思います。

ということでByteballガチホの報告でした、んでは(๑´ڡ`๑)

1 / 2ページ

© Virtual Money Wiki.