f:id:tweetbot:20170729185852p:plain

毎月恒例のByteballのエアドロップがやってきました。

今月の日時やエアドロップ受取方法について書いています。

【追記】

Byteballのエアドロップ料率は20%→10%へと変更になりました。

詳しい変更内容は以下の記事をご確認ください。

www.bitcoin-trade.info

なお、エアドロップを受け取る方法などに変更はありません。

エアドロップ受取方法をお探しの方は、読み進めてくださいヽ(´ー`)ノ

Byteballの価格は上昇中

ちょうどいま1GBYTE=100,000円ぐらいですね。

※Byteballの通貨は$GBYTE

Byteballはビットコインが軟調の中でも着実に上昇している数少ない有望株です。最近の下落の中でもByteballは踏ん張ってました。

 

その理由の1つとして、毎月の満月にエアドロップ(配布)という定期イベントがあります。これがあるのでホルダーの握力が強いのです。

今回はこのエアドロップを受け取る方法を解説したいと思います。

Byteballのエアドロップ(配布)とは?

f:id:tweetbot:20170704145312p:plain

エアドロップしてもらうための条件は特に難しく有りません。

Byteballのエアドロップ方式が以下ののように2種類あります、好きな方(あるいは両方)で参加しましょう。

  1. 保有しているGBYTEの20%→10%
  2. 1BTC=0.0625GBYTE→0.00625GBYTE

1.は単純に持っているGBYTEの10%が配布されます。

2.は自分の保有しているビットコインを証明することで1BTCあたり0.00625GBYTEが配布されるようになっています。(ビットコインをリンクすると表現)

 

GBYTEを保有してると毎月20%の金利がふってくるみたいなもんです。

しかもビットコインでもエアドロップがもらえる。最高、もはややらない理由はありません。

【追記】9月のエアドロップは?

9月分は9月6日07:02UTCに権利が発生します(日本時間16:02)

f:id:tweetbot:20170905100452p:plain

【追記】8月のエアドロップは?

今回は8月7日18:10UTCに権利が発生します。(日本時間8月8日03:10)

f:id:tweetbot:20170729185539p:plain

7月のエアドロップは?

エアドロップを受け取るためには、権利発生時点にGBYTEを保有、またはBTCをリンクしている必要があります。

今月は7月9日4:07UTCに判断されます。

f:id:tweetbot:20170704202312p:plain

※↑公式Slack

この時間に条件を満たしていれば、エアドロップを受け取れます。(配布は翌日以降)

ではどうやって受け取るのか?本題に入ります。


ウォレットなどの操作は自己責任の上で行ってください。
トラブルが起きても一切責任は追えません。

1.保有しているGBYTEの20%の配布を受け取る

f:id:tweetbot:20170705170924p:plain

1つめは単純に保有しているGBYTEの20%のエアドロップを受け取る方法。

これはカンタンでByteballの公式ウォレットにGBYTEを保有しておくだけでOK

ウォレットは↓からダウンロードできます。 

Byteball — smart payments made simple

すべて英語ですが、扱いはそんなに難しくありませんのでさらっと紹介していきます。

1.FULL Walletを作成→LIGHT Walletを作成

ウォレットの初回起動画面でFull Walletを作成します

【追記】

ライトウォレットでもエアドロップはもらえます。

フルの方は同期に数時間かかるので、ライトがオススメです。

f:id:tweetbot:20170705161453j:plain 

2.Seed情報を控える

左ペインのメニュー画面からバックアップメニューを選択します。

Seed情報を控えましょう。

f:id:tweetbot:20170705152722j:plain

3.バックアップを作成する

ウォレットのバックアップファイルを作る方法を確認しておきましょう。「Full backup」のメニュー内にあります。

f:id:tweetbot:20170705170435j:plain

余裕があれば、バックアップからの復元もテストしておくといいですよ。 

4.ウォレットにロックをかける

デフォルトではウォレットにロックがかかっていません。

起動時にパスワードを求めるように「Request Password」をオンにしておくことを推奨します。 

f:id:tweetbot:20170705170400j:plain

あとはByteballのアドレスにGBYTEを送って、保有するだけ。

f:id:tweetbot:20170705185548j:plain

これだけで20%分がエアドロップ(配布)されます。 

2.1BTC=0.0625GBYTEを受け取る

f:id:tweetbot:20170705185322p:plain

もう一つがこちら。

ByteballのアドレスとBTCのアドレスをリンクさせてエアドロップを受け取る方法です。

1BTC=0.0625GBYTE(6,000円相当)が受け取れます。

公式のツイートではすでに50万BTC分のリンクがされてると発表してますね。

 30億円・・・(゚A゚;)

しかし、こちらのエアドロップを受け取るのは少々面倒くさいです。それでもノーリスクでもらえるのはいいですよね。

余裕があれば是非挑戦してみてください。BTCアドレスリンクのエアドロップは、匿名性に特化したBlackbyteも一緒に受け取ることができます。

1.BTCのウォレットを用意する

f:id:tweetbot:20170705185816p:plain

まずビットコインのウォレットを用意します。

オススメはElectrumです→Electrum Bitcoin Wallet

どうしてElectrumかというと「署名」の機能がついてるからです。

 

署名機能を使い、Byteballへ自分がBTCアドレスの保有者だという証明をすることでリンクされ、エアドロップの対象になります。

2.ElectrumへBTCを入金&Byteballウォレットへアドレス入力

ElectrumへBTCを入金したら以下の3ステップを進めてください。

  1. ByteballでTransaction Botからチャット画面を開く
  2. BTCが入っている自分のアドレスをチャットで送信
  3. Botから返ってきたメッセージ内容をコピペ 

f:id:tweetbot:20170705175436j:plain

3.Toolsから署名機能を起動

ElectrumのToolバーから署名機能を起動します。

f:id:tweetbot:20170705175556j:plain

4.署名して「Signature」を出力する

Message欄にbyteballからのメッセージを貼り付けます。

アドレス欄にはBTCのアドレスを。

f:id:tweetbot:20170705184545j:plain

「Sign」で署名するとSignatureが出力されるので、コピペします。 

5. ByteballへSignatureを送る

その後、コピペしたSignatureをByteballのチャットで送信します。

f:id:tweetbot:20170705175625j:plain

「The signature is OK」とでれば成功、リンク完了です。

その後、アドレスに保有されているBTC量を報告してくれるので確認できます。

これでエアドロップを受け取る準備は完了です。

 

リンクできているかの確認は↓のサイトで自分のアドレスを検索。

http://transition.byteball.org/

なお、BTCのリンクは少額送金でもできますが手数料がムダになるのでここでは解説してません。

エアドロップが終わった後は

エアドロップが完了した後は必ずバックアップをとりましょう。
またBlackByteballもエアドロップされますので確認してください。

www.bitcoin-trade.info

よくある質問について

エアドロップについてよくもらう質問についてこちらに記載しました。

www.bitcoin-trade.info

こちらも合わせて確認すれば、ほぼ迷うことはないと思います。 

まとめ

  • Byteballは毎月の満月にエアドロップがある
  • 保有の20%、BTCリンクと2種類ある
  • 20%は公式ウォレットへ保有する
  • BTCリンクは公式ウォレットへBTC所有者を証明する
  • 満月まで保有する
  • エアドロップ!

まとめるとこんな感じです。


また傾向としてはByteballはエアドロップが終わった後にガクッと下落しやすいので高値掴みしないように注意するのも大切ですね。

エアドロップを楽しみに待ちましょう!んでは(๑´ڡ`๑)