Virtual Money Wiki

仮想通貨って何?仮想通貨取引って何?仮想通貨でのトラブル詐欺は!?知るとおもしろいバーチャルマネー

カテゴリー: Cindicator

CindicatorのICOが終了、振り返りやHitBTCの先物価格について

f:id:tweetbot:20170926141623p:plain

CindicatorのICOが無事に終了しました。運営からのレポートが出ていたのでICOの内容を振り返ってみたいと思います。

Cindicatorとは?

まずおさらいとして、Cindicatorが提供するエコシステム(サイクル)について紹介します。

Cindicatorはアナリスト(20,000人)の予測情報を集約し、それを機械学習(AI)で分析処理し、トレーダーや投資家向けの情報を生成するというプロジェクトです。

人の予知情報とAIを掛けあわせた「Hybrid Intelligenceというコンセプトです。

CNDトークンの存在について

今回ICOで発行されたCNDトークンはこのCindicatorのサービスへアクセスするのに使用されます。(保有量によってアクセスできるレベルが異なります。)

 

つまりCindicatorのサービスが高い実績を出せば、サービス利用の需要が高まりCNDトークンの価値を押し上げるというものです。

なお、Cindicatorのサービスは既に実在の証券市場でテスト稼働しており、実績を出しています。

www.ibtimes.co.uk

仮想通貨市場でも同様に実績を出すことができれば、話題を集めることが予想されます。

さらにはCindicator自体も今回のトークンセールで集めた資金をもとにファンドを形成し運用します。

この実績でCNDトークンを市場から買い戻し(バイバック)が計画されておりこれもCNDの価格上昇一因として期待されます。

Cindicatorアナリストへの報酬

f:id:tweetbot:20170924195136p:plain

予測者への報酬

Cindicatorに参加するアナリストはスマートフォンアプリを利用し、自分の予測データを提供します。

高い貢献をしたメンバーへはCNDトークンでの報酬が提供されます。

 

このインセンティブ効果により、質の高いアナリストへ訴求→予測データの精度が上がる→CND価格が上がる→更にアナリストが集まる・・・・といったような狙いで設計されています。

 

このようにCindicatorの提供する予測データの価値を中心にエコシステムが設計されているというわけです。

ICOを無事に終え約16億円を調達

そんなCindicatorですが、先日無事にICOを終え16億円を調達をしました。

運営からのICO振り返りレポートが出ていたのでその内容を紹介していきます。 

medium.com

公開セールを廃止し、100%プライベートセールへ

Cindicatorは当初予定していた、一般公開セールを廃止しプライベートセールを実施しました。

セールの参加にはホワイトリストへの加入が必須になり、単なる売り抜けを狙った投機的なユーザーを排除する目的をもって行われました。

 

個人的な感想ですが、ホワイトリストへの加入に英文が必須になったことで、投機的な参加者(中国人など)を減らす効果はかなりあったように思います。※ICO規制で結果的に中国人は排除されたのですけどね

それぞれのTierの参加人数

プライベートセールはTier1〜4までの4つのステージに分けて実施。

合計160国からの参加者がそれぞれのTierに以下の人数比率で参加し、Tierごとに最大の投資枠が設定されていました。

  • Tier1:14人(〜$100,000)
  • Tier2:247人(〜$17,000)
  • Tier3:1,201人(〜$5,000)
  • Tier4:2,595人(〜$2,500)

※それぞれのTierに最低投資額も設定されていました。

この方法によって、他の人気ICOなどによくあるクジラ(大口の買い占め)を防ぐこともできたようです。

 

これによって、値上がりが保障されるわけではありませんが少なくとも他のICO案件にあるように上場直後の投げ売りはなくなると予想されます。

HitBTCでCNDのIOUが上場

f:id:tweetbot:20170926231740p:plain

そして人気ICOではおなじみのHitBTCのIOUが上場しています。*1

正式な値段ではありませんし、過度の期待は禁物ですが既に4倍ほどの価格をつけており他のICOと比較すると期待されていることが読み取れます。

f:id:tweetbot:20170926134238j:plain

Cindicatorの今後は?

CNDトークンは10月中旬に移動できるようになり恐らくLiqui、HitBTC、EhterDeltaの3つへ上場すると思われます。

 

ちなみにBittrexやPoloniexなどの大手取引所への上場はないと予想してます。

 

個人的にはロードマップにあるように11月頃にCindicatorのサービスが出そろうので、そこに期待してます。

ガチホはしません

ただ、みなさんご存知のように時価総額の低い通貨はビットコインの価格動向によって極端に値動きします。

 

これまで色々な通貨の将来を信じガチホしてました。 

が、もうビットコインに振り回されるのはこりごりなので(笑)場合によっては手放し、時には買い戻す、そんなスタンスで保有していこうと思います。

 

以上、「CindicatorのICOが終了、振り返りやHitBTCの先物価格について」でした。

 

 Liquiの口座開設についてはこちらを。

www.bitcoin-trade.info

Cindicatorのホワイトリスト参加がどのようなものだったのかはこちらの記事を読んでみてくださいね。

www.bitcoin-trade.info

んでは(๑´ڡ`๑)

*1:IOU:先物のようなもの詳しくはこちらを参照

「IOU」という用語について考えてみる

CindicatorのICOへ参加することにしました、その理由について

f:id:tweetbot:20170907194034p:plain

今のところ9月に参加するICOは1つだけになりそうです。

参加するのは以前紹介したCindicator(シンジケーター)というやつです。

Cindicator(シンジケーター)とは?

このプロジェクトの詳しい内容は過去記事を参考にしてみてください。

www.bitcoin-trade.info

Cindicatorの特徴を簡単にいうと、アナリストのデータとAIを組み合わせたハイブリッドインテリジェンスによる、未来予測です。

未来予測でトレードやICOのレーティングを有利にしていこう、ってわけですね。 

Cindicatorのキモとなるアナリストのデータを集めるiOSアプリや、Androidアプリはすでにリリースされており稼働してます。

もちろんアナリストはタダ働きではないです。貢献度合いに応じてCindicatorのトークン(CND)が配布されます。

つまりCNDの時価総額が上がれば、アナリストのインセンティブが大きくなる→更に膨大なデータがCindicatorに集まるようになるということです。

 

この辺の細かいことはホワイトペーパーを読むことをおすすめします。

なお、日本語Slackもあるので質問などあればどうぞ→

CindicatorのICOに参加する理由

f:id:tweetbot:20170901000511p:plain

CindicatorのICOに参加する理由

実は9月時点でICOに参加する意志はありませんでした(笑)

中国のICO騒動もありますし11月にはビットコインの分裂危機を控えており時期が悪いかなーという考えでした。 

 

しかし新たに出た情報や、条件を考えて参加を決意したのでその理由をつらつらと書いていきます。

1.すでに稼働しており、運用実績があること

Cindicatorはすでに稼働しているプロジェクトです。

これからお金を集めてこういうことをやるよ」というタイプではありません。

www.ibtimes.co.uk

Cindicatorはすでにスマフォアプリで、アナリストからの予測情報を収集できる状態です。

それを元に未来予想をしロシアの実際の証券で適用した結果47%のリターンを出したようです。(たぶんシュミレーションだと思いますが)

 

過去にあったTenXもそうですが、既にモノがあるというのはぼくの中で大事なポイントです。

www.bitcoin-trade.info

2.トークンの拘束期間が長い

これは賛否両論ですがICOへ参加したあと、しばらくトークンが拘束されます。 

つまりトークンをすぐに処分できないということです。

これは一種の賭けではありますが、ICOに参加して即売るという短期勢を排除できることをメリットとして捉えました。

3.ロシアに仮想通貨取引所ができる

これは最近のニュースですが、ロシアの証券取引所が仮想通貨取引所の設立を計画しています。(容認したという雰囲気)

www.forbes.com

ロシア拠点の仮想通貨といえば、WAVESです。取引所設立のときには間違いなく上場するでしょう。

そして、WAVESのサポートを受けて先日ICOをしたStartaというプロジェクトがあります。(Startaはベンチャーキャピタル企業)

このStartaのポートフォリオにCindicatorも含まれているので、横繋がりで支援を受けやすいんじゃないかと想像しています。

 

端的にいうと将来的にロシアの取引所へ上場できるだろうなってことです。 

ロシアへどれだけ金が集まるかはわかりませんが、国の既存システムと仮想通貨のバランスが全体的に良い方向に動いている印象を受けます。

4.一般公開のICOがなくなった

f:id:tweetbot:20170907194851p:plain

最後にこれです。

Cindicatorは一般公開ICOを取りやめ、すべてホワイトリストからの参加になりました。

ホワイトリスト申請後にTier1〜4に分割して内定者が確定していき、上限を$15M(約16億円)とした投資を受け付けます。

medium.com

変更の理由は、イーサリアムネットワークへの負荷、ハッキングリスク、大口投資家の防止などです。

しかし、ICO予定日から1週間前の急な決定ということで多くの人がまだ理解してないでしょう。「買えなかった・・・」という人が多く続出しそうな雰囲気を感じます。

 

これも参加の決め手になりました。

ちなみにぼくはTier2の内定をもらったのですが、最低参加金額も結構でかい金額なのでTier4に進むまでには確実に売り切れるだろうなと思ってます。

まとめ

今回の参加理由をまとめると以下のようになります。

  • Cindicatorは既にモノがあるプロジェクト
  • ICO後は暫くトークンの拘束期間がある(即売りできない)
  • ロシアは取引所の設立計画など仮想通貨へ容認の方向
  • 完全ホワイトリスト制というICO参加ハードルの高さ

 

さー、どう転ぶでしょうね?

個人的にロシア系の銘柄と相性最悪なのも迷う原因でしたが、Cindicatorはガッツリいってみたいと思います(笑)

以上「CindicatorのICOへ参加することにしました、その理由について」でした。

 

ICOの参加方法はこちらを見てもらえばわかります。

www.bitcoin-trade.info

 

んでは(๑´ڡ`๑)

【ICO】Cindicator(シンジケーター)について、ICOの参加ハードルが上がりすぎ!

f:id:tweetbot:20170823181518p:plain

9月に参加するICOを1つ決めました。

その名はCindicator(シンジケーター)です、簡単に紹介していきますね。

Cindicator(シンジケーター)とは?

Cindicatorは「Hybrid Intelligence(ハイブリッドインテリジェンス)」というコンセプトを掲げたチームです。

cindicator.com 

最近、AIやら人工知能とかの話題が多いですよね。いずれトレードにはAIが使われていくだろうとか、あらゆる仕事はAIへ置き換わる・・・などなど。

 

そんな中、Cindicatorは「AI」と「人の判断(インテリジェンス)ハイブリッドで投資判断を下せるプロジェクトを作っていこう、というプロジェクトです。

 

すごーく簡単にいうと、

  1. 大量のアナリストの投資判断を集めてビックデータ構築
  2. それをAIで分析してトレードで運用、またはICOの参加判断に使う

的な感じです。(ぼくの理解によるとね)

ICO情報やプロダクトについて

f:id:tweetbot:20170823214704p:plain

Cindicatorのトークンセール情報は以下の通りです。

  • 時期:2017年9月12日〜10月12日
  • 上限:1,500万ドル
  • ベース:イーサリアム ERC20トークン
  • 購入方法:ETH(イーサ)
  • レート:1CND=$0.01

発行されるトークンはCNDです。

今回のセールで15億トークンが放出され、これは総発行量の75%を占めます。 

CNDトークンの使いみちについて

f:id:tweetbot:20170823182239p:plain※画像が見にくいので公式サイトに見に行くことをおすすめします→https://cindicator.com/

このCNDトークンの使いみちは以下の3つ。

  • ホルダーはCindicatorのサービスを利用可能
  • アナリストや開発チームへの配当
  • 運営による買戻し

CNDホルダーであれば、今後Cindicatorの開発するプロダクトなどを利用することができます。

保有数によってアクセスできる情報のレベルが設けられていますので、大量ホルダーには恩恵がある仕組みになっています。

 

またトークンセールで募った資金の20%を自社の「Hybrid Intelligence Portfolio」ファンドへ投資し、その利益で市場からCNDトークンを買い戻します(公式による価格上昇効果が見込める)

ロードマップ

f:id:tweetbot:20170823215031p:plain 

またロードマップもしっかりしており、今年の11月には以下の機能をWebベースで公開する予定のようです。

  • トレード指標
  • 分析ツール
  • ICOレーティング

スマフォアプリもリリース済み

f:id:tweetbot:20170823215228p:plain

Cindicatorはすでにスマフォアプリもリリースされています。

スマフォアプリでCindicatorの出す質問に答える形で、世界中の人の投資判断を大量に集めてAI分析をするというものです。

 

実際に使ってみました(英語ですけど)

単純にYES or NOのような問題もあれば、以下のように何%だと思うか?みたいなのもあります。

f:id:tweetbot:20170823215406p:plain

このアプリを使って回答した人へはCNDトークンが付与されるという仕組みになっています。

 

以上が、Cindicatorのプロジェクト内容です。

結構面白そうな仕組みじゃないですか?こういう系はイケると思うので参加することにしました。

CindicatorのICO参加にハードル有り

f:id:tweetbot:20170823215604p:plain

このCindicatorの参加にはちょっとしたハードルがあります。

ホワイトリスト制になっており、9月12日より以前に申し込みをする必要があります。

※ホワイトリストは承認者リストのような意味です

 

最近のICOは参加者がどんな人か?という精査があるものが出てきています。

たとえば過去にあった0xのICOはCivicというアプリで本人認証をしないと事前申し込みができませんでした。 

www.bitcoin-trade.info

Cindicatorのホワイトリスト提出方法

Cindicatorの場合は、自分を事前にホワイトリストへ載せてもらうためにフォームを送信しておかないといけません。

 

以下、ホワイトリスト申請のフォーム画面を紹介していきます。

f:id:tweetbot:20170823215629p:plain

  • 名前
  • 投資予定の金額
  • イーサリアムアドレス

プロフィール、簡単な質問

f:id:tweetbot:20170823215646p:plain

続いて以下の内容を入力します。

  • 自分のLinkedInやTwitterプロフィールの提出
  • Cindicatorのサービスを利用するか?→Yesなら何か記入
  • Cindicatorのエコシステム発展に協力したいか?→Yesなら、あなたのビジョンは?これからCindicatorはどうなってくことを望みますか?(意訳)

 

「ホワイトペーパーの読書感想文かよ!」

 

と、思うようなホワイトリストの記入フォームです。

運営が「記入内容をみてホワイトリストへの追加を検討する」って書いてる以上、空白で出せないな・・・と思い、頑張って記入しました(英語で)

 

恐らく人気ICOになるのでホワイトリストへ入ることができたら、ICOに参加できるんじゃないかなと予想しています。

 

Cindicatorの内容が気になった人は、ホワイトペーパーなどを読み頑張ってフォーム記入して応募してみてはどうでしょうか。

以上「Cindicator(シンジケーター)のICOについて、最近参加のハードルが上がりすぎ」でした!

【追記】

@DTkabuさんがCindicatorの日本語版Slackを立ち上げてらっしゃいました!更なる情報収集や質問をしたい場合はぜひ参加してください→

リンク

 

 

© Virtual Money Wiki.